医療安全対策について

当院では常設の3部門(医療安全管理部門、医療安全管理対策委員会、部署別安全会議)と重大事故発生時に臨時で開設する医療事故対策員会の4部構成で、患者さまにとって安心・安全な医療環境の整備に取り組んでおります。

医療安全管理部門は、医療安全統括責任者である副院長、医療安全管理者をはじめ看護部長、事務部長など各部門責任者から構成され、医療安全管理対策員会が策定した事故再発防止策や安全対策が各部門において確実に実施され、かつ安全対策として有効に機能しているかを常に点検・評価、指導をしてまいります。

医療安全管理対策委員会もすべての職種から構成され、院内での医療行為に関し事故の防止又は事故が発生したとき及び医事紛争が起きた場合に適切に対処してまいります。

医療安全管理部門及び医療安全管理対策委員会は、週1回開催するカンファレンスにおいて院内で発生したインシデントやヒアリハット事例を共有し、再発防止策を検討しております。

院内では、年2回の全体研修会や数回の部門別研修会を開催し、さらに外部研修会に積極的に参加して「安全な病院」を実現するため今後も更なる努力を行ってまいります。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール